レイトン教授と魔神の笛

2009.12.05
スポンサーリンク
レイトン教授と魔神の笛

ドラクエ9を思いのほかやり込んでしまったせいで、9日遅れの購入となりました。「レイトン教授と魔神の笛」。久しぶりにタッチペン使いますよー。

新シリーズということでストーリーは過去に遡り、教授とルークの出会いから始まるとのこと。当然アロマはいないので別のヒロインらしき人がパッケージにも写っていますね。声が相武紗季さんとのことで、微妙に雰囲気が合っていない気も…。

逆転シリーズと同じく、ストーリーは一方通行、かつ変にやり込み要素がないのがのこのシリーズの(自分にとってのひとつの)魅力だったのですが、今作には何やら「100時間遊べるおまけ」が存在するとのこと。
うーむ、ドラクエ9をやり込んだ後でこの数字はちょっと重いかも…。

新シリーズの第一段なので、前作「最後の時間旅行」ほどのストーリーを期待するのは酷というもの。初めから新シリーズと銘打ち、しかも映画と直結しているらしいので、本作ではそこそこ伏線をばら撒いて終わる感じになるのでしょう。シリーズのラストではスター・ウォーズのように、綺麗に「不思議な町」に繋がってほしいものです。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク