逆トン裁判

2010.10.21
スポンサーリンク
レイトン教授vs逆転裁判

これはすごいコラボレートの登場です。まるでスクウェアとエニックスが合併したときくらいの衝撃。いろいろなブログで情報を見かけるように、もう発表時から話題騒然です。

どちらもAVGで、基本は頭を使う推理物。主戦場が据置機でなく携帯機という部分も共通です。さらにどうでもいいことに、この2つは自分が今や残り少ない僅かな完全制覇継続中のシリーズという共通点も持ち合わせています(大変どうでもいい)。
しかしだからこそ「それでもコラボは違くね?」と思うのです。

確かに共通項が多いとはいえ、絵柄や世界観、何より作品を通しての「ノリ」は全くの別物。むしろお互いの良い部分を押さえ込んだりして、うまいこと融合できないのでは?というのがまず過ぎる不安です。ロボット大戦では思いっきり絵柄の違う作品が混在していますが、あれはやっぱりロボット主体ですし。

それにしても、逆転裁判はもうじき10周年ですか。まだまだ最近のゲームという感覚でしたが、そういえば3作目まではGBAだったんですよね。ランク王国のランキングで初めて知って、「裁判ゲーム?誰がやるんだこんなの」と馬鹿にしていた次の日に友人が「いいゲーム見つけたんだ」満面の笑みを浮かべながら持ってきたのが懐かしいです。

関連記事

スポンサーリンク