魔界塔士の苦難

2013.12.05
スポンサーリンク

ここ数日、たまたま目に付いた「魔界塔士Sa・Ga」をやっておりました。
ちょっとだけのつもりが、懐かしさのあまりあれよあれよと気が付けばチェーンソーで…といっても、やり方を知っていれば数時間で終わるボリュームなんですよね。

改めてやってみるとやはり色々な意味で面白かったので、攻略ページも作成しました。
とはいえ、こんな有名作の攻略なんて今更の今更でしょうから、内容もほどほどに適当なものになっています。属性や特技等の細々しい検証は行っておりません。

魔界塔士カイルロッド

ちなみにメンバーはこんな感じ。
この元ネタがすぐにわかった人とはガッチリ握手を交わしたい…。

このサガ1自体、人生通算で軽く二桁回数はクリアしているのですが、「エスパーってヒーリングなんて覚えるの?」とか、「ねんぶつのほんって一撃じゃなくてダメージだったのか!」とか、未だに新しい発見があるから驚きです。

特に今回ビックリしたのが、エスパーの能力の上がりやすさですよ。
序盤に「キングのつるぎ」を手に入れてから、せっかくだからとすぐには像に返さずしばらく強さを堪能していたところ、気が付いたら一人の魔力が60近くまで上がっておりました。他の能力値も軒並み40を超え、まだちからのもとをひとつ使った程度の人間を軽く凌駕しております。
こんな上がりやすかったでしょうか?敵の強さとか関係ないのですね。こんなんだったらエスパー4人が一番楽で最強ですよ。サガ2の上がりにくさとはえらい違いです。

もうひとつ、「ディフェンダー」と「サンブレード」が存在することにも驚きました。
なに言ってんだ?と思われるかもしれませんが、終盤の1階の武器屋のラインナップって、こっちはもうエクスカリバーを持っているし、他の最強装備もすぐに手に入るしで、パワードスーツ以外はほとんど用なしだと思うのですよ。それでまったくと言っていいほど印象が残っていなかったのでしょう。
それでいざ買ってみたら、これが結構強い…! さすがに防御の高い神にはまさむねのほうが有効ですが、ザコ敵相手にはまさむね以上のダメージと安定感を発揮します。まあ、それでもわざわざ買う場面が思いつかないのですが、人間4人とかだったらさすがに出番があるでしょうか。

散々やりこんだつもりのゲームでも、攻略情報を作成する前提だと目線が変わって新鮮です。知り尽くしていると思っているものほどそのギャップに驚かされます。

スポンサーリンク