101本目 機装ルーガ

2015.06.22
スポンサーリンク
機装ルーガ

攻略タイトルが100本を越えたので、これを機にここから先はできるだけこちらのブログでも報告していこうと思います。続くかわからんけど。

101本目はPCエンジン CD-ROM²の「機装ルーガ」
1993年の暮れに工画堂スタジオさんから発売されたシミュレーションRPG…風のシミュレーションでございます。恐らく経験値の概念がないからRPGとは謳っていないのでしょう。ただ、体感的にはシミュレーションRPGと言っても差し支えのない内容です。

全7章という、シミュレーションにしてはやや物足りないボリュームではありますが、経験値の概念のないシステムはバランス調整の格好の的となっており、また「ネオ・タクティカル・バトル」というクセのある戦闘が戦略性に深みを持たせ、総じて手強い難易度を有するなかなかの良作となっています。

各章の合間などに挿入されるビジュアルシーンも、誤解を恐れずに表現すれば「今でも通用する古さ」といったところ。特に上にも載せたヒロインのエレナさんは、小動物のような幼い見た目と、井上喜久子さんのやや色っぽい声が案外にマッチして、そこはかとない破壊力を生み出しています。本作の半分くらいはエレナさんを愛でるゲームと言っても過言ではなかったりはしないんじゃないかと思います。

エレナ

冒頭で追われてた理由を厳かに語るエレナさん。

エレナ

古い友人の宣戦布告に困惑するエレナさん。

エレナ

敵の本拠地の城門を落として「さあ乗り込むぞ!」という矢先に突然泣き落としを始めるエレナさん。

本作の約一年半後には続編のⅡも発売されており、こちらはれっきとしたシミュレーションRPGとなってる模様です。本作の主人公ヴァイスとエレナが引き続き登場し、また本作以上の難易度とあってかなり惹かれているのですが、中古価格が高騰しているらしく、3日後に発売する「ファイアーエムブレムif」とほぼ変わらぬ価格に少々面食らっています。

なお、本作はプロジェクトEGGでも配信されています。
紹介映像もあるので、興味のある方は是非。

スポンサーリンク