名作のリメイクが続きます

2010.07.24
スポンサーリンク
タクティクスオウガ 運命の輪

つい最近発売したファイアーエムブレムに続き、今度はあのタクティクスオウガが「運命の輪」というサブタイトルをつけて、PSPにてリメイクされるとのこと。

これは~また人によっては大ニュースではないかと。初めてプレイしたときは重厚なストーリーとシビアな難易度、SFCとは思えないボリュームに圧倒させられたものです。
特にストーリーの重さは当時の作品の中では一線を画していて、もう当時の「ゲーム」という範疇を超えた代物と思ったほど。どう考えても小中学生向けの内容ではありません。

開発段階の画面では、SFC版のドット絵を尊重した非常に好感触のリメイク具合が窺えます。が、個人的には手を出せなさそう。まずハードが持っていないPSPというのと、それ以上に本当に神経が擦り減るゲームなので、いろいろな意味でこのご時勢には厳しいのです。ハボリムの救出とか死者の宮殿とかほんと勘弁。

それにしても、名作シミュレーションRPGのリメイクが続くこの流れは素晴らしいですね。そろそろ「ライアット・スターズ」や「エピカ・ステラ」の番では?

スポンサーリンク
スポンサーリンク