3DSと教授新作の所感

2011.03.03
スポンサーリンク
レイトン教授と奇跡の仮面

3DSと、教授の新作「奇跡の仮面」を購入しました。
すでに各地でされまくっているのでザックリとした所感を。

3D機能
確かに頭痛が起きるときもありますが、奥行きに「おおー!」となる瞬間も確かにあるので、オンオフは場面や体調次第といったところでしょうか。お酒が入っているときは本当に危険です。
互換性
通常のDSソフトだと画面比率が…。今回の購入理由のひとつに「DS本体がくたびれてきたから」というのもあったので、これはかなり残念な想定外でした。これだとDSソフトは結局DSのままでということになってしまうかもしれません。サガ3も逆転検事2も3DSでやるつもりだったのに…。まあ、そのうち慣れるのかもしれませんが。
顔シューティング
なんだこれw
バーチャルコンソール
新たにPCエンジンと、なんとゲームギアの配信が決定したとのこと。ゲームギアを今更プレイするのは望み薄だったのでこれは思わぬ朗報です。ようやく「モルドリアン」ができる…!
教授新作
ひらめきコインが探しやすくなったのと、キャラがよく動くようになりました。それ以外はだいたいいつもの教授といったところ。ナゾは前作同様、旧三部作に比べて難しめだと思います。現在7章で終盤に差し掛かっているとは思いますが、タイルでアヒルを作るピカラット70程度のやつに大苦戦させられました。今作もピカラット99は死ねそうです。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク