いよいよ逆トン裁判

2012.11.13
スポンサーリンク
レイトン教授VS逆転裁判

ドラクエ7の3DSリメイクが発表されて話題になっています。驚いたのは意外に「待ってました!」という声の多いこと。個人的に個々のストーリーは好きですが、シリーズ内での評価はお世辞にも高いとは言えないだけに、こういった意見が多いのはなんだかんだでドラクエブランドの強さを感じます。
DS系のリメイクのドラクエはまだ4しかやっていない自分としてはとりあえず様子見ですが、やっぱり「あのムービー」がどう変更されるかは気になりますね。全然変わっていなかったら面白いですよね。

そして、今月末29日にはいよいよ「レイトン教授VS逆転裁判」が発売されます。
発表されてからずいぶん長いこと待たされたこの作品。が、正直それほど期待はしておりません。ジャンルや立ち位置的に確かに通ずるところのあるこの両作品とはいえ、世界観や絵柄はまったくの別物です。ロボット大戦でも絵柄の古い作品と新しい作品ではやっぱりどこか溶け込めないように、ある種の違和感が付きまとうのは否めないでしょう。

もちろん、製作陣もその辺は百も承知でどうにかうまーく溶け込ませてくるのでしょうが、それでも「ルパン三世VS名探偵コナン」のような、面白いは面白いんだけどやっぱり別々のほうがいいかなー的な評価に落ち着くんじゃないかと思っています。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク