ゲーム攻略サイトのスマホ対応

2015.03.25
スポンサーリンク
スマホ

ゲーム攻略とはあまり関係のない話。

だいぶ先日、グーグル様より「スマホ対応してないサイトは4月21日から検索順位を落とすから」というお触れが出され、Web屋の方々がにわかにざわついております。

デバイスランキング

確かに、当サイトでも気が付いたらスマホのアクセスがPCを追い抜いておりました。
つい数年前までのスマホ対応なんぞ、ニュアンス的には一部のユーザーのために「しょうがなく」施す応急処置であり、それこそ「やっつけ」な対応が実案件でもまかり通ったものですが、その後もジワジワと勢力を伸ばし、今や「スマホファースト」なんて概念も生まれるくらい無視できない存在になっているのは喜ばしくない限りでございます。

実際に王手のサイトや、特にブログメディアではスマホに対応していないほうが珍しいくらいの状況です。本腰を入れたスマホ対応は正直かなりめんどい作業ですが、一度に表示できる情報が少ないからこそプライオリティの見直しになり、またフラットデザインの流行の一因になっている点も考慮するなら、悪いことばかりではないのかもしれません。

ところが、これが「ゲーム攻略サイト」というカテゴリーになると、途端に対応率が激減してしまいます。

そもそも、攻略サイト自体が個人運営の場合が多く、扱うタイトルが古いほどその傾向も強まります。それこそレトロゲームなんぞを扱うものなら、当サイトのような「ビルダー臭」がにじみ出てしまっているところも多いでしょう。そんなサイトにスマホ対応を望むのは酷というもの。それ以前にとっくに更新停止しているところも多いですし。

ですが、現役バリバリで月間数百万やそれ以上のPVをたたき出す王手攻略サイトであっても、同様に対応率が低かったりするのです。デザインが用意されているはずのwikiですら半分程度の印象。もちろん、今回のグーグル様のお触れを受けて変化があるのかもしれませんが、少なくとも現時点においてブログ界隈とは雲泥の差が見られます。

スマホ対応をしない理由

一応、ビルダー臭のにじみ出ている当サイトだってスマホ対応を試みたことはございます。しかし、ほどなくして断念しました。一番の理由は「一覧表がどうしようもない」から。

特にRPGなんてジャンルを扱えば、まず武器やら魔法やらの一覧表は必須です。現在の当サイトのメイン領域はアドセンスのビッグバナーに合わせた728pxの横幅を取っており、これは一般的なスマホ対応時の最低横幅320pxの倍以上の数値になるのですが、一部の攻略タイトルはすでに情報量がぎりぎりで、これらを半分以下の横幅でどう表現したらいいのか、結局答えが出ませんでした。

もうひとつの理由は、ブログやニュース系のサイトとは情報の性質が異なるということ。
ブログやニュースはどちらかと言えば「読み物」なので、やはり文章の可読性が重要です。対して攻略サイトは文字通り「情報」の側面が強いため、可読性やレイアウトやデザインよりも、とにかくお目当ての情報にたどり着くのが第一目的。文字が小さくてピンチアウトの多用に迫られようが、知りたい情報の一点さえわかればいいのです。むしろ下手にスマホ対応を施してサイトの構造が変わってしまい、お目当ての情報にたどり着けないことのほうが問題だったりします。

前向きに解釈するなら「対応しないという対応」をしているのかもしれません。未だ安定しない情勢の中ではそれもひとつの選択でしょう。今後再びPCが盛り返したり、大きめのタブレットが主流になったりする可能性もあるわけで…。個人的にはその方向性を望みます。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク